鈴木無花果
鈴木無花果 心-砂-バイク
       

アイ・ウォント・ザ・モーターサイクル

頭の中に藁が詰まったみたいな感覚。
32歳。結婚5年目のDINKS。生活への不満はそこそこ。
そこそこのそれが積もり積もって、思考能力を奪っていく感じがする。

夫と合わなかった休日。
適当に近所でランチをして適当な夕飯の買い物をした帰り道。
歌が聞こえてくる。
「アーイウォンザーモターサイコーオ」
目をやると短く髪を刈り込んだ女性がタンクトップ1枚で大型のバイクを洗っている。

おねえさんバイク興味ある?
気付くとずっと眺めてしまっていたようだ。
バイクなんて乗ったこともない。夫も私も普通免許すら持ってない。
乗ってみる?
ニヤリとするその笑顔に乗せられて、買い物袋をその女性の家に預けた。
時間はどれくらいあんの?
2時間くらいなら。

チャキチャキとプロテクター、ヘルメットを装着されて、タンデム。
彼女がまた歌い出す。
「2時間だけのバカ〜ンス〜」
どこに行くの。
そりゃ海ですわ。

信号待ちごとにお互いの話をした。
彼女はバイカーで、シンガー志望で、母親なんだとか。
今日は”バイクの日”だから子供はママにぶん投げてる。
何もしてない自分が恥ずかしくなってくる。
最近、脳みそがなくなっちゃったみたいで。藁が詰まってるような・・・。
すると彼女はひとしきり笑って、また歌い出す。
「somewhere over the rainbow…」

オズの魔法使いみたいだなと思って。
彼女はまた笑いながら言う。
私は脳みそがないカカシ。バイクは心がないブリキ。彼女が歌姫ドロシー。ライオンがいないけど。

かくしてオズのお城・・・ではなく砂浜に辿り着く。
バイクの近くで海を眺める。
お姉さんはカカシじゃなくてライオンだよ。普通突然知らない人間のバイクに乗らないでしょ。
確かに、昔から行動力だけはあったかも。
結婚したのも勢いだったし、今日のランチも全然知らない店の新メニューだった。
頭がぼんやりしてたんじゃなくて、自分の勇気に気づけなくなっていただけだ。
さぁ、帰ろうか。”やっぱりおうちが一番”
彼女が笑って、バイクにまたがる。

「Don’t stop me now 〜」
帰り道はめっちゃ飛ばしていた。子供のお迎え時間が近いのだ。
あっけなく自宅で荷物を渡され、じゃっ、と彼女は去っていく。

夢みたいな時間だった。
家に帰って、玄関に上がって、ご飯を作って。
夫が帰ってくるなり足の裏を指して苦い顔をする。
「この砂なに?」
夢じゃなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました