鈴木無花果
鈴木無花果 ロウソク-挨拶-エイリアン
       

バグ

新作は宇宙人体験アトラクションだ。
A高オカ研名物、文化祭でのオカルト体験。
「ふれあいオカルト広場」である。
今年オカ研部長となったヤマナカはしかし、おままごとのような超常体験に辟易していた。
今年のテーマはリアリティである。

ハタナカチカはオカルトを愛好する中学三年生。
A高オカ研文化祭の常連。
今年はどうかなと入場すると、既にかなりの満足感を得ていた。
ほぼ前が見えない暗闇の中を進むと唐突に現れるグレイ。

ファーストステージはグレイとのグリーティング。
選択を誤るとキャトルミューティレーションされてゲームオーバー。
ポイントは目をそらさないこと。目をそらさず、会釈もせずに挨拶をすることで有効な関係が築ける。
張りぼてではなくリアルなゴムスーツに人間が入っているようだ。
力の入り方に震える。

それを妨害するように室内には虫が飛んでいる。
振り払いながらグリーティングをクリアする。

セカンドステージはいわゆるエイリアンとの遭遇。
エイリアンもかなり作りこまれたハリボテだ。
エイリアンの懐にある脱出ポッドのスイッチを押し、脱出せよ。
エイリアンは目が見えないので、静かに下を通ればオーケー。

エイリアンの下を通っていると、腕によだれが落ちてくる。
思わず叫び声をあげてしまうほどに熱い。
低温ろうそくがたらされている。

ここの部員は頭がおかしい、と思いながらスイッチを押そうとした瞬間、
腕にさっきとは違う刺激。ハエが腕を刺している。
これはダメ。

チカはスイッチを押して脱出。
すぐに外から窓をぶち破った。

何をする!と部員らしき人物が詰め寄ってくる。
アンタこそ頭がおかしい!
この空間に放されていたのは、ヒトの皮膚に卵を生みつけるヒトヒフバエだ。
刺された後に放置すれば、皮膚の下で卵が孵化して、幼虫は皮膚を食い破る。

卵が体内に生み付けられてこその・・・と騒ぎながら、騒ぎを聞きつけた教員に連行されていく。

ふう、と一息をついてチカは自分の腕を眺める。
まぁでもせっかくだし、と踵を返して帰路へ着く。
この後、皮膚から虫を摘出するのに地獄を見ることになるのだが、これもまた経験、とニヤつくチカだった。
オカルトファンは頭がおかしいのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました