(本名)
(本名) ダンボール-銀-散歩
       

お散歩探偵

散歩をしていると、ダンボールに入った捨て猫を発見した。体毛は銀色、首には猫には珍しく銀のペンダントがぶら下がっている。
すると、どこからともなく話が聞こえてくる。誰だ?見ても誰もいない。どうやら、猫から話しかけてきているようだ。
そうして猫と対話する主人公。猫は銀のペンダントをつけているときだけ、人間とテレパシーができるという。そして、銀のペンダントを付けた人と意識を共有することができるという。

そんな中、殺人事件が起こる。砂場での殺害。凶器は見つからない。被害者は主人公の友人。
犯人探しに燃える主人公だが、証拠は何もない。そんな中、猫は情報があれば、推理は用意だ、という。
そこで主人公は猫の意識を使って、散歩をすることで証拠を集めて、それを猫に伝えて猫が推理をする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました