(本名)
(本名) パーティー-目玉-皮肉
       

平行線

今日は彼女にサプライズサプライズパーティを行おうと思っている。
なぜなら最近、彼女の元気がないからだ。
たまの休日、家へ彼女を呼んだ。
パーティの準備は忙しい会社の合間を縫って、整えた。
プレゼントを買って、バレないようにと、家へ隠した。
パーティの目玉はなんと、手作りのチョコレートケーキだ。彼女が好きなケーキのお店に御願いをして、レシピも教えてもらった。準備もどうにか間に合いそうだ。
作り方を勉強して、サプライズのためにとこの日までとって置いたものだ。
きっと、彼女も喜ぶだろう。今日は彼女との付き合い初めて1周年記念の日だから、なるべく豪華に、楽しい会を催したい。今から楽しみだなぁ。彼氏はうれしそうにボウルでクリームを混ぜながら、うきうきと鼻歌を歌っていた。

彼女は直感的に思っていた。彼氏は浮気をしている。
じゃなければ、おかしな話だ。なんで、ここ最近は連絡が遅いのか。
つきあい始めたばかりの頃は、すぐに返信がきていたLineも、最近は既読がつくのも遅いし、そっけない返事ばかりだ。
今日だって、呼ばれて家へと向かっているけれど、きっと最近の埋め合わせと称して、他愛ないことを言って、ごまかしてくるんだろう、きっと。
果たして、家へとつくと、彼氏からのサプライズ。
「1周年記念だね、おめでとう」そんな言葉とともに、いろいろなプレゼントをもらった。目玉のケーキは彼女が好きだった店のレシピ通りの味だった。
どんなに彼氏が話をしても、すべてが膜を1枚隔てた側から聞こえているように聞こえた。
だって、結局、浮気をしているのをごまかしているだけでしょ?

どんなに、言葉を尽くしたって、それは自分のためで、私のことを考えてくれていないじゃない。
彼女はむなしさを覚える。本当にほしかったのは、彼氏の理解だった。
少し前にケンカをした。理由は、彼女の進路についてだった。
まだ、学生だった彼女が選ぼうとした進路。それについて、彼氏とケンカをした。
結局は平行線に終わったけれど、そのときのことから、私を面倒くさいと思って、浮気をしているんだ、きっと。

彼女の視界がボヤケる。
バックの中にあった紙をくしゃくしゃにして、わざとらしく彼氏の家へと捨ててやった。もうあってやるもんか。さようなら。彼女は家からそっと出て行く。
捨てられていたのは、婚姻届の紙だった。
もしも、その時の進路について、彼氏が認めてくれていたら、彼女はすべてを許してずっとついて行くつもりだった。
しかし、お互いの思いは皮肉にもすれ違い、結局分かり合えないのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました