鈴木無花果
鈴木無花果 パーティー-目玉-皮肉
       

BUBU

僕には憧れの先輩がいる。
いつもクールで仕事もできるナイスガイだ。
しかし僕は先輩の秘密に気付いてしまった。
先輩は乗り気じゃない飲み会では必ずお茶漬けを頼んでいる。
「空きっ腹はよくないから」なんて言っているけれど、お茶漬けを頼んだ日は必ず一次会で帰っているから間違いない。
先輩はめっちゃ帰りたいのだ。
そんなある日、取引先とのパーティーに駆り出される。
こういう時先輩は必ずつまらなそうにしている筈・・・。
思った通り、ホールのスミで黙々とワインを煽っている。
僕は思い切って先輩に声をかけることにした!
ケータリングから適当なライスメニュー(なんかのパエリア)と、ドリンクカウンターから烏龍茶をかっぱらい、先輩のもとへ向かう。
「先輩!一緒にお茶漬けなど、いかがでしょうか!」
パッと顔を明るくする先輩。
「オイオイ分かってるなタカハシ!」
パーティーもそこそこに2人だけで飲み直すことに。
「俺は親が厳しくてね、感情を表に出すなんてみっともないって言われてたから」
「でもお茶漬けは露骨過ぎますよ」
「ハハ、そうか?」
メニューをめくる先輩。
「んー、目玉焼き喰いたい」
「へ?」
「楽しい時はさ、目玉焼きなの、俺」
「目玉焼きは朝メシじゃないですか?」
「そういうこと。まだまだココが始まりってコト」
ガッ、と頭をぶん殴られた(比喩)僕は思わず飲み過ぎてしまう。

気付いたら知らない天井。頭痛の極み。どこかのリビング。
「お、起きた?」
「せっ、先輩?!」
「なんだ、覚えてないのか?酔っ払った勢いでってのは感心しないな」
ぼ、僕は先輩と何を?!
「目玉焼き、喰う?」
その話は覚えている。
「いただきます!!」
「ありがと」
先輩が僕にキスをして・・・。
この日が僕たちの”始まり”になった。

実は今日も出勤日でした。
先輩とふたりで”大目玉”を食らったのでした。

コメント

  1. (本名) より:

    明るいノリの社会人BL面白いですよね。自分あんまり書かないから新鮮。

タイトルとURLをコピーしました