鈴木無花果
鈴木無花果 秋波-紅-編み上げ靴
       

オン・ザ・ライト・トラック・ベイベー

高校3年生の秋である。
秋だけに、秋波を送られている気がする。
比喩ではなく、異性を誘う目線という意味で。
しかし相手はクラスのヒーロー、スメラギリヒトくん。そして私はカースト3番目くらいの目立たない女。
何かの間違いに違いない。

しかし下駄箱に入っている手紙。
校舎裏への呼び出し。
そして行ってみるともじもじしているスメラギくん。
来たかもしれません、春。

「ハシモトさんの家で、俺が履けるハイヒールって、作れる?」
「は?」
確かに私の家は小さな靴の工場。作れます。

要約すると。
スメラギ君は異性装に強い興味があるが、身体が大きくてドレスはともかく、靴が見つからない。
ここにバイトで貯めた20万円があるのでこれで作って欲しい。
デザインは映画「キンキーブーツ」でローラが履いている真紅の編み上げブーツで。
人にバラしたら殺す。
はい。

家に帰ってお父さんに相談すると、意外にもめちゃめちゃ乗り気だった。
そんなワケで、クラスのスターと私だけの秘密の作戦が突然始まった。
何をしているのかバレないようにこっそりと、スメラギくんが私の家にくる。
採寸、素材の選定、デザイン調整、耐荷重のテスト、エトセトラ。
お父さんの仕事の待ち時間、私は意を決して尋ねる。

「どこで履くの?」
「ただ、家で履くだけ。今はそれで十分」
「普段から女の人の格好はしたくないの?」
「別に。女の人になりたいわけじゃなくて、女の人って概念を極端な形で身につけたいだけ」
「なるほどわからん」
「分からないでいてくれた方が楽かも」

そして、スメラギくんのためのブーツが完成する。
スメラギ君は今までに見たことのない笑顔でそれを抱き締めて、帰路に着いた。
明日、履いてみた感想を聞かなくちゃ。こっそりと。

上位カーストたちのSNSで、真っ赤なブーツを履くスメラギくんの画像が出回ったのは、その夜のことだったそうだ。
こっそり私の家に来る後をつけられて、試着しているところを隠し撮りされたのだった。
それから卒業まで、スメラギくんが登校してくることは無かった。

高校を卒業した私は、専門学校でシューズデザインを専攻した。
卒業制作では、11インチの真っ赤な編み上げのハイヒールを作った。
このヒールを履いて、あの笑顔をこぼすスメラギくんを夢想した。

私がデザインして、お父さんが作る。
ラージサイズの、そして冗談のような極彩色のハイヒールやブーツを抱えて、私は東京へと出た。
目当ては、ドラァグ・クイーンたちの踊るナイトクラブ。
一軒一軒、自分の靴を売り込んでいく。
別に、彼を探しているわけじゃない。
ただ、やっぱり私は、分からないままでいるのは嫌だった。

「ちょっとアンタ」
突然、声をかけられる。
振り返ると、ちょうどステージを終えたのか、少し汗ばんだドラァグ・クイーンが、真っ白な顔を歪ませていた。
「最近、アタシの地元から靴の営業が出て来てるってウワサで持ちきり。アタシがおのぼりってバレちゃうからやめてくれない?」
「これ!」
話は聞かないで、私は自慢のブーツを彼に差し出した。
「新作。履いて欲しい」
スメラギくんは微笑んで、その美しい右脚を私に差し出した。
「悪くないじゃない」

コメント

タイトルとURLをコピーしました