鈴木無花果
鈴木無花果 夢-シャツ-勇者
       

夢オチ

先に言っておくけれどこの話は夢オチだ。
毎日連続した夢を見ている。
英語の授業中にはどうしても睡魔に襲われる。

世界観としてはドラゴンクエスト。
ただし登場人物は全員、クラスメイトたち。
僕は勇者として魔王を倒せと王様から告げられる。王様は校長先生。
酒場で仲間になるのはクラスの陰キャ仲間たち。
戦士と僧侶と魔法使い。全員魔法使いみたいな貧相な顔つきだけど。

夢を見始めてから数ヶ月。
僕たちの旅は僕たちの現実とは対照的に順調に続いていた。
いよいよラスボス、魔王の城へと辿り着く。
魔王の正体はクラスのボス、ハシモトくん。
ハシモトくんは僕たちのグループをターゲットにお金を巻き上げる悪いクラスメイトだ。
僕たちメンバーは全員、クラスの女子の写真を前に自慰をする動画を撮影されている。

ただここは僕の夢の世界。
僕たちの鍛え上げられた剣と魔法は、苦戦しながらもハシモトくんを倒した。
こうして世界に平和が訪れた。
と思われた。

魔王を倒した僕たちを歓迎する民衆が次々と燃え上がり、死んでいく。
魔王は大魔王の手下に過ぎなかったのだ。
僕の夢はもうしばらく続くことになった。

大魔王は自分の親のコネクションを使って、ハシモトくんをはじめ、他校の不良たちまでも配下に置いているのだそうだ。
これは隣のクラスのヤマシタくんから聞いた話。
いや、ヤマシタくんの顔をした夢の中の登場人物?分からない。

やがて僕たちはついに大魔王の城へと辿り着く。
大魔王のいるラストフロアはなんと、僕のクラスの教室だった。
クラスメイトたちはそれぞれ、ファンタジーな世界観の服装で席に座っている。

そして、大魔王の正体は、これまでストーリーに登場しなかった唯一のクラスメイト。タキグチくんだ。
タキグチくんはクラス内では決して目立たないものの、常に学年トップの秀才。
しかしその実は、裏でこの地区の高校生たちを牛耳り、お金を集めていたのだ。

ラストバトル。
僕の手には家から持ってきた包丁が握られている。
大魔王にそれを突き刺すと、あっけなく倒れ込んでしまった。

ぬるりとした感触に手元を見ると、僕の両手と、僕の制服のシャツがべったりと血で濡れていた。
クラスメイトたちの叫び声で僕は目を覚ます。
目の前には、呻き声をあげるタキグチくん。

そんな夢だった。
そして僕は、夢を成し遂げた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました