鈴木無花果
鈴木無花果 黄金-ギター-ドーピング
       

ゴールデン・ドーン

昔から木登りなんかは得意だった。
夕方に公園へ行って、木に登る。
木の上から太陽を見ると、真っ赤に染まって沈んでいく・・・。

新宿。午前3時。
トオルは10個目のバンドをクビになってうなだれていた。
スキルに問題はない。
問題はその並外れた筋力、瞬発力からなる極度の”握力”
演奏中にヒートアップしてしまうとギターのネックを握りつぶしてしまうのだ。

イライラしながら手の中に持った石を握りつぶす。

それを見ていたのはサクマ。
サクマは日本を代表するクライミングの選手だったが、
世界の一線の中で伸び悩み、ステロイドに手を出してしまう。
しかし肥大化した身体を操りきれず、以前の自分すら越えられない。
その後ドーピングが発覚。選手としての権利をはく奪された。
もう2年も壁は登っていない。

サクマが求めても得られなかったものは、一瞬の爆発力。
筋肉中に張り巡らされた運動神経の閃光。
サクマは思わずトオルに声をかける。
クライミングをしないか?
しかしトオルは、指はギタリストの命だと断る。

焦げ臭い匂い。
振り向くと、ビルから黒煙。
3階の窓越しに助けを求める人間の影が見える。
救助はまだ来ない。

サクマはフリークライミング用のロープを持っていた。
今日はこれを捨てるに捨てられず、飲みつぶれていた。

サクマはビルの壁を登り。救助しようと試みる。
パイプや窓枠を伝えば問題ない。
しかし最後の1手、窓にたどり着くための突起で身体が支えられない。

トオルしかいない。サクマがトオルに登り方を教える。
最後の1手は、一瞬だけ身体が支えられればいい。
「ピンチ!」
サクマが叫び、トオルは強引に右手一本で身体を支え、ついに窓枠に手をかける。中にロープが渡る。
ビルの中の人間は無事助かる。
サクマは、トオルの登りを見て、クライミングの情熱を取り戻す。

救助がやってきたころには日が昇っている。
トオルは、昔見た夕陽は赤かったが、朝陽は黄色いように見えるな、と思う。

サクマが言う。
山を登って、一番高いところで見る朝陽は黄金なんだ。
お前ももっと高いところで、あの朝陽を見てみないか。
俺ももう一度、見たくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました