鈴木無花果
鈴木無花果 一生-ピエロ-カレー
       

ザ・ワールド・イズ・マイン

誇り高くあれ。そして失敗せよ。
パパはアメリカいちのピエロだった。
パパが言うには、ピエロたるものいつだって誇り高くなくてはいけない。
誇り高きピエロの失敗こそ、人に笑顔をもたらすものだ。
誇り高くあれ。
そして、失敗せよ。

パパのようなピエロになりたい。
僕は誇り高い男でいた。そして、失敗した。
イギリス王室に伝わるという誇り高い欧州カレーを失敗したときはクラス中の大爆笑を誘った。
まぁ、帰って少しだけ泣いたけれど。

僕は誇り高い存在でいた。
そして失敗をし続けた。
ピエロの周りには笑顔が絶えず、人が集まってくる。
人が集まるところにはお金が集まる。
僕はいつのまにか、いわゆる億万長者になっていた。

そして僕はこの有り余る資金を使って、一生に一度の失敗へと挑む。
アメリカ合衆国大統領選挙。
僕の誇り高い行動は古き好きアメリカをおもいださせるし、僕の失敗は親しみやすさを呼ぶんだとか。
R党を代表して挑むこの選挙、僕が落選することでこの一世一代の喜劇は完結する。

結論から言うと、当選してしまった。
そこにあったのは笑顔というよりも、熱狂とか、そういう表情。
何か思っていたのと違うな、という感覚。

どれだけ無茶なことを言っても、仲間たちは僕を肯定した。
もう僕は、失敗するということが出来なくなってしまっていた。仲間たちが僕の失敗を、失敗でなくしてしまう。

もう僕にはこの失敗しか残っていなかった。
僕は受話器を手に取り、コードを伝えた。

ミサイルが放たれた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました