鈴木無花果
鈴木無花果 蝙蝠-髭-火鉢
       

猫と蝙蝠

鈴木無花果

この界隈では”トラ”で通っているネコである。

トラの縄張りは広く、この近辺の主だった。 悪さはなんでもした。
ネズミをなぶり、人間の焼く魚を盗むこともしょっちゅうだった。
だが今トラは衰弱して今にも死にかけていた。 倒れたガレキに
挟まれて身動きが取れなくなっていた。 そこに現れる一匹のコウモリ。
「喰ってやるぞ」
威嚇するがコウモリは聞かず、木の実を渡す。
しかしトラは木の実など食べられない。
「弱っているあなたを放ってはおけない」
「俺はコウモリを喰うためにこうなった。仕方のないことだ」

どうしてこうなったのか。
その日はコウモリを狩ろうとしていた。
コウモリが暗がりの洞窟に逃げ込んだ。
隙間へ逃げたコウモリを追いかけて飛び込んだ瞬間、身体が通り抜けられず、その衝撃で隙間のガレキが動き、脚を挟まれてしまった。
人間が外の七輪で焼いていた魚を盗んだ時、ヒゲが焦げて短くなってしまっていた。
隙間の幅を見誤ったのだ。
「いいからせめてこれを食べてください。何かの足しになるかもしれない」
コウモリの優しさに心を動かされるトラ。
「これまでコウモリにたくさん悪さをして申し訳なかった」
厚意に応えて木の実を食べると事切れるトラ。
コウモリが渡したのは毒の木の実。
コウモリは以前トラに殺されたコウモリの子供だった。

コメント

  1. (本名) より:

    苦味を残す終わり方がうまいですよね。

タイトルとURLをコピーしました