(本名)
(本名) 海-毒-強欲
       

プラスチック・ソウル

結晶化硬化症と呼ばれる病が流行って半世紀が過ぎた時、残った人類の数は元の半数にも満たなかった。
残された人々はガスマスクをつけて生活をしていた。結晶化硬化症は空気感染するからだ。
ユーキが恋人のネリを見舞った時、ネリは半身が紫色をした結晶になっていた。
以前はまだ、腹部から水晶状の結晶が見えていただけだったのに……。
ユーキが気の毒に思いながらガスマスクを外すと、ネリは生身の部分が残った顔の半分をくしゃりと歪ませながら、拙い発音で海がみたいな、と言った。
ユーキはネリにキスをすると、またガスマスクとコートを身に纏い、ネリの身体を抱えて車に乗せる。
埃っぽい町を車は走る。
ユーキはネリに聞く。
「何かやりたい事はない?」
最期に、という言葉は言えなかった。
「私はユーキと海が見たい。それだけでいいよ」
健気なネリにユーキは泣きそうな思いでファーストフードへ向かう。
ドライブスルーでハンバーガーを買って車中で2人で食べた。
ぽろぽろとパンくずをこぼしてハンバーガーを食べるネリをユーキは愛おしく思った。
廃墟になった水族館へ向かって、空っぽの水槽が立ち並ぶ中、ユーキはネリを車椅子に乗せて歩いた。
「昔は……お魚が……いっぱい……いたんだね」
「そうだよ。こんな水槽いっぱいに、お魚が泳いでいた時代があったんだって」
楽しいデートのはずだった。
しかし、ネリはすでに毒に侵され過ぎていた。口もほとんど動かなくなってきていた。 「楽しもうなんて、欲張りすぎたかな……」
ただ海を見にいくだけでよかった。デートをしようなんて強欲すぎた。
「そんなことはないよ」
ユーキはそう言いながら、身体のいうことがどんどんと効かなくなっていることを感じた。
実はユーキもとっくに毒に侵されていたのだ。
何とか無理やり体を動かして最期の力を振り絞って、海を見に行った。
ネリの顔は完全に結晶化していた。心臓の音だけが彼女の生の証になっていた。
海風に当てられながら、結晶が散らばる砂浜をユーキはネリを抱えて歩いた。
長い長い道のりに感じた。
やがてユーキはネリと海を見ながら、結晶化していくお互いを見ていた。
とても満たされた時を過ごした2人はやがて紫の一塊の水晶になって、砂浜のほとりにたたずんでいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました